住宅ローンと金利の概要

住宅ローンはその名の通り「本人の家族」が居住するための住宅を購入(新築、増築、改築)するために組むローンのことです。特徴としては金利が低く抑えられていて、返済期間が最長35年と長く設定されていることです。


<取扱い会社>

住宅ローンの主な取扱い会社としては、普通銀行・信託銀行・信用金庫・JAバンクなどの民間の預金取扱い金融機関です。ゆうちょ銀行では現在は取扱っていません。その他には、生命保険会社や不動産担保融資に特化したノンバンクでも取り扱っています。ノンバンクの代表としてはモーゲージローン専業会社のフラット35などがあります。


<借入れの仕方>

住宅ローンの融資を受けるにはまず安定した収入が必要です。そして、取扱い会社の金融機関は信用保証会社と連帯保証人の契約をして、借入れ人と債務保証委託契約を締結させることを最低限の条件とすることが一般的となっています。また、金利については取扱い会社の金融機関が設定しますので、ローンを組む前にどのような金利設定をしている住宅ローンが適正なのか、自分の収入と貯蓄、将来の展望から、シミュレーションして慎重に検討する必要があります。取扱い会社の金融機関と信用保証会社の審査に可決した後に、担保となる物件の『金銭消費貸借契約兼抵当権設定契約』を金融機関と交わし、『融資実行』となります。