住宅ローンは返済できる金額から計算し ...

住宅ローンの返済を行っている、とくに小さな子供がいる家庭で増えているのが、住宅ローンの返済のし過ぎなのだそうです。ローンですから、お金を借りて購入していることなどを考えると、やはりなるべく早く返済を終えたい、繰り上げ返済などでローン完済を一日でも早くしたいと思うのは当然のこととも言えますが、現金をきちんと手元に置かないのはやはり危険といえます。


住宅ローンは毎月返済する金額を決めよう

住宅購入を考えるとき、まずは欲しい物件や住宅の価格、金利などに目がいきがちです。しかし、支払う金額から返済金額を出してしまうと、やはり返済の負担が大きくなりすぎるという傾向が強いそうです。特に小さな子供がいる家庭では、住宅の他に学費や家族で自由に使いたいお金など、現金も大きく必要になってきます。また、自分たちの老後を考えると、その貯金も住宅を購入したからゼロ、というわけにはいかないものですよね。


収支をしっかりつけよう

まずは、収支をしっかりつけてみましょう。家計簿を細かく分析して、何にお金がかかるのが、現在はどのような出費が多いのかを確認しましょう。そして、返済に充てることができるお金はいくらになるのか、を計算してから、予算にあう住宅を探すという形を利用すれば、返済で貯金などができないというような無理なローンを組むことも減ると言われています。